偽造シアリスに注意!

日本で認可されない医薬品が多いのは何故?

考えている男性と驚いている女性

海外ではその効果が認められて一般的に使われていても、日本では認可されない医薬品は多くあります。
その理由は、海外で開発された医薬品を日本国内で販売する際には改めて申請と審査が必要なためです。
それは、国内で新たに開発された医薬品も同様です。
それらを未承認薬と言います。
たとえどんなに画期的な医薬品が開発されても、申請して許可が下りなければ患者に投与してはいけません。
よって、国内外で開発された医薬品が一般使用されるまでは長い期間を要します。
それを「ドラッグ・ラグ」と呼びます。
ドラッグ・ラグが発生する主な要因は、治験のあり方です。
とくに、海外からの薬を日本人に置き換えて使用する場合は慎重な臨床試験が求められます。
日本における医薬品の審査は、世界各国と比べて厳しい水準を設けています。
言い換えると、品質や安全性が高いともいえます。
しかし、それが日本においての使用に時間がかかる医薬品が多い原因となっています。
そこで、医薬品を海外からの個人輸入に頼る人も増加しています。
しかし、個人輸入は万が一の事態の際に自己責任になります。
なので、安心・安全な方法とは言い切れません。
とはいえ、治療の時期を逃さないためにも、申請から認可までのプロセスの見直しが求められています。